階段と廊下が、プラネットウォールに ♪

お客様をはじめとしたいろんな人に支えられて、今年も充実した1年だった、タカハシの平成24年

心機一転のぞむ来年に向けて、この年度末、協力業者様とともに階段室・廊下の改装工事を行いました


築約20年のタカハシ社屋、階段室・廊下はこんなかんじでした。(↓)

P1010784_convert_20121229104932.jpg

近くで見ると、約20年の汚れの蓄積があり、壁紙もところどころ破れていました。(↓)

P1010785_convert_20121229105117.jpg

木部のクリヤー塗装も、窓から差し込む西陽にさらされ、退色が進んでいました。(↓)

P1010786_convert_20121229105214.jpg

そこで今回は、ただの壁紙貼り換えではおもしろくないので、自然壁材を採用してみたのです

それは…、

WS000113.jpg

です

ドイツ製の塗材で、調湿性・耐火性・防臭性・防カビ性が備わっており、その仕上がり感も「自然な風合い」です。

今回は商品ラインナップの中でも、フェザーフィールという質感タイプのツートンカラーを採用しました


まずは、古く痛んだ現在の壁紙を剥がせるだけ剥がして… (↓)

P1010800_convert_20121229105314.jpg

KOBAUという、これまたドイツ製の専用下地壁紙を貼ります。(↓)

P1010814_convert_20121229105501.jpg

並行して、木部のお手入れにも着手。 まずは、劣化した今のクリヤー塗装を削って取り除きます。(↓)

P1010820_convert_20121229105620.jpg

色あせた木部に、着色材(オイルステイン)を染み込ませます。

着色が終わったら、クリアー仕上げして完成です。(↓)

P1010821_convert_20121229110016.jpg

続いて、いよいよプラネットウォールの塗装本番に入ります

塗料でも、プラネットウォールは自然素材なので、一般的にイメージされる液体ではありません。

紛体と着色粉を、水でといて、材料を作ります。(↓)

P1010838_convert_20121229110202.jpg

材料が練り終わったら、いよいよ塗装工程に突入。 ローラーは一般的な中毛タイプででOKです。(↓)

P1010841_convert_20121229111054.jpg

ローラーで、2回塗りを行います

一般的な水性塗料とは反対で、乾くにつれて徐々に色が薄くなっていくのが特徴です。(↓)

DSCF3771_convert_20121229110701.jpg

完成しました

薄らいだまま硬化したプラネットウォールは、とても自然で落ち着いた風合いとなっています。(↓)

P1010851_convert_20121229111237.jpg

壁・天井ともが落ち着いた風合いで明るい、階段室・廊下に生まれ変わりました。(↓)

P1010858_convert_20121229111430.jpg

最上部では、アクセントにカモイさんのmtテープを貼っています。(↓)

P1010867_convert_20121229111519.jpg

mtテープは、豊富なデザインが嬉しい、インテリア紙テープです

WS000114.jpg


新しく生まれ変わった階段室・廊下は、本当に明るくなり、通るのが心地よい空間になりました

支援していただいた協力業者の方々のおかげです。

きっと、タカハシのスタッフだけでなく、応接部屋に向かわれるお客様にもその心地よさが伝わってくれると思います。

ご来店いただくお客様、もしよろしければ、気軽にのぞいて仕上がり感を確認して下さいね
プロフィール

タカハシ

Author:タカハシ
株式会社タカハシのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR